ゲーダの滝に行ってきた

あまり見たことがない竹がありました。

絵になる。

絵になる。写真ではあまり伝わらない。

カワセミがいれば最高だけど。 

上流に向かって最初は右側を歩きましたが、途中からほぼ左。

コケがはえていて滑ります。

西表島の人はコケを「ノリ」というらしい。この岩でコケた。

ダイビングブーツのほうが良かったかな。

このトンボは見たことがない。コナカハグロトンボらしい。

珍しい。クワガタがいた。

ジョロウグモがあちらこちらに。いくつも巣を壊しました。ごめんなさい。

一度は、気が付かずに巣を壊してしまい、帽子のひさしに。かなり怖いです。

30分ほどで滝が見えてきました。写真はわかりにくい。上部です。

こんな木があり、Tシャツにひっかかった。怖すぎる。殺意がある草。

3つ滝があるそうなので、1つめと2つめはスルー。

いざとなったらこういう湧き水を飲む。

しかし、ここからが大変だった。1の滝が見えるが、その上の3の滝にどうやっていくかわからない。

大きな断崖絶壁にはばまれ、大きく左に迂回するのか?

ロープがあると、安心。ここかな?

これは2の滝。かなり険しく、5分あるいて5分休む。かなりきびしい。野底の滝とはわけが違う。

このあたりはトカゲが多い。

ここが一番危険箇所だった。

歩くスペースが狭すぎる。ロープがないと、ここを歩くとはとても思えない。

しかし、引き返したりいろいろ探すも3の滝に行く道がわからない。
残念、道がない。ここでギブアップ。

また調べてこよう。リベンジするしかない。3の滝からの眺めがいいらしいので、そこに行かねば!

帰りは、山の中を歩く。かなり川から上って、川のせせらぎも聞こえないほど。

ロープがあるので道には間違いない。

セマルハコガメのペアがいました。

山の中ではこんな場所で暮らしているんだ。

イノシシが穴を掘った後。イノシシがいる場所にはヒルがいると聞いたことがあるけど、今回はヒルはいませんでした。

支流みたいなところに出ました。遊歩道に出たり、迷ったりの繰り返し。かなり難易度高いです。
この支流を降りていけば、ゲーダの川に出るでしょう。

出ました。ホッとします。

かなり下流の部分から、山に入ることが可能だったようです。山のほうがだんぜん歩きやすいです。

暑くて水筒の水もほとんど飲みきりました。帽子を川の水で濡らします。

12:13、約2時間のトレッキングでした。かなりきつかったです。石垣島でもこんなに苦労したことはありません。軍手必需です。

トレッキングは終わりですが、まだ続きますよ。3ページ目へ。