木造住宅さんが打ち合わせに来てくださった。

しかし…

今や坪60万円らしい。そして西表島への運搬費、人件費を入れるとプラス20万円になり、つまり坪80万円で計算をしなければならないという。

30坪だったら2,400万円だ。

基礎のコンクリート代などが高いらしく、本土だと1㎡が1.8万円、石垣で2.4万円、西表で3.4万円(記憶あやふや)と、とにかく割高。

石膏ボードが余った時、処分すると高くつくので、壁の中に入れてしまうという案をいただいた。それは確かにそうだ。防音も優れているし。

石垣から作業の人が4人くらい行くが、その人たちが民宿に泊まると5,000円かかり、1日だけで20,000円プラスされるのも痛い。

船で日帰りしてもらうと、3,000円だから12,000円。それを3カ月だと90万円。とにかく割高。

また、最初から簡易宿所対応だと、部材が何もかも割高になってしまうようだ。石膏ボードの枚数が増えるとか。

木造で2階にするメリットは、コンクリートの基礎部分の面積が減るから、その分だけは安くなるという。

小さな木造住宅ならば構造計算がいらないので、設計費も安くなる。

しかし、あまりにも割高でこれでは発注できない。

やはりできたものを運ぶのがいい。

 

カテゴリー: ブログ