地主さんと飲みながらお話を聞く

2019年2月5日

居酒屋かんむらで飲みながらお話をうかがった。箇条書きでメモ。

・ヤシノキなどを売るだけで300万円の価値があるのではないか。(タビビトの木の種が高価になることがわかったので、お金になる可能性は確かにある。100円ショップで箱みたいなものを買って梱包すればいいか。)

・バナナは通常7kgくらいだが、15キロくらいと巨大になった。友達に送ると喜ばれる。

ノニがはやった時、キロ250円で売れたが、午前中の作業だけで100kg、つまり25,000円の収入を生み出したことも。

・ヤシの間にハンモックを張り、木陰でゆっくり休むのが最高だった。このあたりには日陰になる場所がないので近所の人が涼みに来た。

・看板を立てれば人が遊びに来るのではないか。観光農園にすれば人が来るのでは。

・ユツンの滝(3段の滝)が最高だった。

・海で魚がよく釣れる。リーフ沿いで釣りをするとカメがよく通った。青島(ウ離島)が最高。

・植えている果樹、植えたことがある果樹類
バナナ、シークワーサー、ノニ、コーヒー、パイン
・野菜
インゲン、ホウレンソウ、ダイコン、ニンジン、春菊、ネギ、ブロッコリー、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、スイカ(15kgにもなった)

・海で打ち上がる海藻をひろってきて肥料にした。隣の牛小屋からは牛糞をもらえる。

・海はマーレ浜という。砂地なので海水浴ができる。夜はタコがよくとれる。光って見えるのですぐに見つかる。

・ヤシノキは平成3年で1本3-4万円で売れた。タカナのホテルには1本6万円で買ってもらった。ユンボーを持っていき掘って自分で持って帰っていった。

・バブルの時に坪1万円で買い、ダンプ250台で埋土をしたりして2,500万円くらいかけている土地。

・わき水があるのでうれしい。果樹、野菜はポンブで水をくみ上げ100mのホースで水やりをしていた。

・現在80代。53-72歳をここで農園をやって過ごし、人生で一番光り輝いていた時だった。

・誰もいない土地で立ちションする快感はたまらない。丸裸でいたこともある。

・何か商売をやればうまくいく土地だと思う。決断力。「今だ」という時の勇気。

じゃ、明日、さっそく土地を見に行ってみるかい?
と言われ、勢いで行くことにする。
こんな話を聞いたので、夜は興奮してあまり寝られなかった。