台風被害はあるのか? No.24

台風被害が心配で西表島に行ってきた。昨日行ければよかったが、昨日も大原便は欠航。

9:40の船で向かった。

途中、揺れるがシケ具合はめちゃくちゃひどいわけではなかった。いつも波が立っている場所があり、そこでどのくらい水しぶきが上がるかでシケ具合がわかる。今日は船も減速した。

まず心配だったのが港にとめた右のバイク。倒れていなかった。もしかして誰かがおこしてくれたのかもしれまないが。
左のバイクは、カバーで丁寧に養生していたが、破れてしまっていた。

玉盛スーパーに。おそらく朝の便で届いたパンが並んでいた。

お弁当は地元の業者かな?

土地に到着。トレーラーハウスは倒れていなかった。台風が弱くて良かった。

一気に雑草がまたはびこってきた。

隣の土地の人がいたのでしばらく話す。ビーチコーラルというものを2トンで4,000円で購入し、土の上にしいているとのこと。大富公民館で管理していると聞いた。

ポストは倒れかかっていた。

畑にも行ってみた。レモンは丈夫だなぁ。ぜんぜん落ちていない。

それにしても熟すまで時間がかかるようだ。

特にかわりなし。何も育てていないので気楽だ。

昼ごはんをどこで食べようかと考えたが、 「忘勿石」 (わすれないし)まで足を伸ばしてみた。

今回はホウキを忘れたので奉仕活動はしなかった。

いい感じの岩。

日陰で買った弁当を食べる。

しばらくすると突然ガサゴソと音がしはじめた。自分が来たのでみんな動かなかったようだが、安心したのかヤドカリがみんな動き出した音だ。

食後は、ユンボの代金を支払いに長井運送に行った(請求書払いとのことだが届かない)。2日で2万円のみの請求でトラックでの輸送代(4,000円)はサービスしてくれた。ラッキー。

ビーチコーラルをどこで販売しているか聞いたところ、大富公民館で、竹盛旅館が館長さんだと教えてくれる。

そういうば前回来た時に、看板を覚えていた。

場所がわかるので直接行って館長さんとお話したら、「オタク、どなた?」という感じで明らかな警戒感。「南風見に土地があってビーチコーラルが必要なんです」というと急に態度が固くなり「今はビーチコーラルの管理が厳しくなって一般には売っていないんですよ」と断られてしまった。ちなみにカボチャと相性がいいらしく、畑に使われるらしい。

まぁねばっても仕方がないので、すぐにこちらも引き下がって帰ってきた。あとで隣の土地の方から電話があり、ビーチコーラルの置き場を教えてくれた。まぁ盗むわけにもいかないので何もできないが。

Googleマップで見たらたぶんこれだろう。

仕方ない。やはり農地の赤土を使うしかないか。

さて、台風でオオギバショウがだいぶ折れたので剪定。

花がいい感じに実になっていた。

このバナナみたいなのがはじけるといい。

一部はくさっていた。

けっこうたくさん折れていた。また今度畑にもっていかないと。

他に特にやることもなく、12時30分の船で帰ってきた。2時間しか島にいなかった。とにかく暑くて作業はする気になれない。この夏はしばらく休止かな。

次の予定はユンボの引き渡し後に石垣島に運ぶこと。そうしたらまた整地できる。

大型台風がトレーラーハウスを倒しませんように。