西表島に軽トラを運ぶ準備

軽トラをいよいよ西表島に運ぶ。といっても数回往復するだろうが。

八重山観光フェリーは月、水、金に石垣=大原航路があり、安栄観光は、火、木、土と1日おき。

八重山観光フェリーは、船のかりゆしの調子が悪いのか、出番が少ないようだ。
そして、水曜日、金曜日は予約で埋まっていて乗れないとか。

安栄観光に電話をしたら、明日の木曜日の便に乗れることになった。時間は八重山観光フェリーより遅く、9:30出港らしい。9時までに港に来るように言われた。車と一緒に乗れば自分の船代はかからないので一緒にゆっくり行くことにする。

さて、型枠の準備。

まだ切り出し作業が途中だった。

雨がかかところに斜めにおいていたら、ゆがんでしまった。

縦に4等分に切断する作業。

やばい。下の「馬」の耳の部分まで一緒に切ってしまった。

軽トラハウスでさんざん使った時にはそんなことなかったのにやってしまった。注意が緩慢だった。

切り終わったあとは、15センチのコンクリートが埋まる部分に印をつける。コンパネは裏表があり、表は白くてきれいなほう。

切り終わったので軽トラに詰め込む。

今後は製材作業は西表島になる。

倉庫に行って波板も回収。メイクマンでボイド管(2m)も買ってきた。

とにかく詰めるだけ積む(笑)

汚いカバー取り付けだねぇ。完全に素人です。ほどけないヒモの結び方も忘れてしまった。

まぁ明日まで雨が降らないと思うのでこれでよしとする。ゆっくり走るし。

西表島に行くたびに前夜はわくわくで遠足気分なんだよね。