夜、眠れなくなって図面書いている

微熱はずっと継続中。夜になると38度近くまで上がり、うなされる。昼間は37度前後。

そんな中、敷地内の建物の配置やら、トレーラーハウスの固定について考えていて、夜中の3時から図面書いたりしている。

シェアハウス、木造で5人入居の場合。1部屋6畳と広め。

それを敷地に配置すると、なんかぶかっこう。駐車スペースを考えると(敷地の回りに停めやすく)、これがベストか。

メイクマンに行き、トレーラーハウスの固定方法について考えてみた。

アイボルト

タンバックル

ワイヤークリップ

などを使えばいいのかな。ワイヤークリップは5つくらい連続して使うらしい。知らなかった。

コンクリートを打つ時間と台風がくるまで、どちらが先かそれが今は心配。とにかく早くトレーラーハウスを固定してしまいたい。

もし、間に合わなければ、土に鉄筋を打ち込んで、ワイヤーを支えればいいか。それで倒れたら仕方ない。

比較的防風林(オオギバショウ)の近くなので、よほど強い北風でない限り、大丈夫だと思うのだが。

コンテナにするか木造にするか、それで設計が変わる。GW明けに竹富町役場に相談に行かなければかな。