先日も模型を作った。

物置の模型作成

 

物置でポイントとなるのが、単管パイプと垂木をどうやって接続するかということ。

タルキ止めクランプというのがあるので、その金具を使うのだが、単管バイプを組むときに十字で組むのでパイプ1本の厚さ分、板が届かない問題にぶつかる(意味がわからなかったらすみません)。

そこで、基礎から立ち上がる柱が外側にないとうまくタルキ止めクランプが接続できないことがわかったのでやり直し。

とにもかくにもこうやって模型を作ったから発見した改善点。作ってよかった。

とはいうものの、現場でもきっと「あれ、ここサイズが足りない」「どうやって接続したらいいかな」と壁にぶつかるような気がする。

また屋根の角度も切妻屋根にしたが、変則的な切妻にしないと、単管パイプをうまく接続できないので改良した。

今度は木材ではなく、ダイソーで買ったバルサ板なので、簡単にカットすることができた。

垂木はピンク。バルサが足りなくなり、まだ屋根の部分が完成ではない。

波板と垂木の接続はこちらの動画が参考になる。

単管で接続する金具については、こちらを入手すれば、電動ドリルで簡単に締めつけることができる。

カテゴリー: ブログ物置